本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

第4の倉

今、怖くてたまらないから書き込む。 去年の3月、伯母が亡くなり田舎の本家が途絶えた。 俺の親父(末弟)が引き継ぐことになり、数百年かけて積りに積もった家財道具やら巻物、古文書を専門業者に引取って貰ったりして、一昨日やっと最後になる4番目の倉の開封することになった。 俺はそこに立ち会ってたんが、伯母の1周忌で来ていた菩提寺の住職(親類)が急に血相を変えて俺と親父に詰め寄り 「開けてはならん」 と言うんだ。 そうは言っても引き継いだ側としては片付けなきゃいけな....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ:家系

蛇憑き

去年亡くなった妹の話。 俺の実家は代々蛇憑きの家で、家の下で10年修業に耐えた白蛇は蛇神になる。 血筋のある人たちは殆どが強い霊感を持ってる。 俺もその1人で、人に繋がる『縁』を結んだり切ったり出来る。 妹が14歳の時 、何かに目を取られそうになった時に幼少期に助けた白蛇の霊が護ってくれた。 その後もずっと護ってくれていたらしいが、居心地が良かったとかで20歳になっても離れず、23歳の時に蛇神が悪霊になり始め、ずっと妹の中に居たいが為に殺そうとした。 怖く....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ: 家系

オエビスサン

私の父方の祖父は今年で齢90近くになるが、今でも現役の漁師だ。 年一度、盆に九州の祖父の家に遊びに行った時は、祖父と一緒に沖に出て釣りをするのが今でも恒例になっている。 私が小学5年の夏休みに、初めて祖父の家に遊びに行った時のこと。 釣りをしようと祖父の舟で、二人だけで朝方の5時に港を出て、とっておきの漁場に向かう。 数十分して漁場に着いたので舟のイカリを降ろし、仕掛けを作って海に竿をおろす。 早起きしたせいかうつらうつらと眠たくなってきた私は、祖父に 「何か....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。