本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

新築の事故物件

これは私が大学時代の話だから、もう10年以上も前のことになる。 当時、私は実家から遠く離れた大学に通っていた。 新幹線だと丸一日かかるので、実家に帰る時は飛行機だった。 当然一人暮らしで、大学時代は寮だったのだが、寮にまつわる怪談やうわさ話に反して何事も無く実に平穏だった。 ただとても古い建物だったのでGが多く、寝ている時に天井からムカデが降ってきたなんてこともあり、別の意味で恐怖だった。 大学卒業後、近くにある同系列の別の大学に編入したので寮を出ることになり、....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ: 心霊

鏡のないトイレ

高校での話。 出身高校の商業科棟のトイレにはすべて鏡がありません。 正確にいうと、鏡を取り付けていた跡は残っています。 もちろんその他の『普通科棟』『普通科棟U』『普通科棟V』『体育館』『図書館棟』には通常通り鏡はあります。 鏡が外された訳は在学中の兄から聞きました。 その時は普通科の特進クラスに通っている兄からの話のため正確な情報は聞けませんでしたが、噂によると、卒業を前にした商業科男子生徒が、学校の風景を心に残すため校内を回っているうちに、商業科棟の屋上から....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

通学路の釣り人

ある地方の村で起こった話。 その村、山中に這うように細長く民家が点在する、いわゆる寒村だ。 人口は少ない。 当然、子供も少ない。 村に住む少数の小学生たちは、山道を4Kmも下った小学校まで毎日歩いて登校していた。 小学校までの道のりは、彼等にとってさほど苦痛ではなかった。 年上の子供が年下の子の面倒をよく見ながら、他愛のない会話に盛り上がり、コロコロ笑いながら日々の登下校を繰り返す。 自動車のすれ違うのも難しいほど細い道を、彼等は毎日歩いていた。 ある....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ:心霊 田舎

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。