本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

補陀落渡海

南海の最果てに常世の国を求めて……補陀落渡海(ふだらくとかい) 微妙にスレチだが、ニライカナイつながりで取り上げておきたい。 奇習……というと、当時の人の切実な願いを愚弄することになるので、オドロオドロしく語るつもりはない。 和歌山県那智勝浦に補陀洛山寺という天台宗の寺がある。 補陀落渡海の発祥の地とされた根本道場だ。 紀伊山地の霊場の1つとして世界遺産に登録されている。 補陀落渡海とは、南海のかなたには補陀落浄土(常世の国・あるいはニライカナイを指したの....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ:和歌山 風習

行ってはいけない祭

言葉にするとたいしたことないが、体験するとじわじわとくる話をひとつ。 うちのまわりはすごい静かな住宅街で、最近引っ越してきたんだよね。 うちは線路沿いに建ってるから、電車が通る音とかも聞こえるくらい静か。 昼間は道路で遊ぶ近所の子の声とか丸聞こえだけどね。 んで、俺両親と姉貴と弟と一緒に住んでるんだけど、家族で姉貴の買い物に付き合ったとき弟と俺はパスした。 姉貴買い物長い。 弟も小さかったし。 まぁ、それはおいといて、弟がいきなり 「ねえ、なんかお祭りやっ....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ:

霊魂を迎える行事

先日体験したばっかりの霊体験。 自分の実家は西日本の漁村だ。 正直田舎、それもかなりの。 ご先祖様の霊魂をお迎えし、また送り出すという盆の行事も勿論普通に行われてる。 うちの村の場合なんだが、海岸から沖に向かって防波堤が伸びてて、この一番先に門(と言っても大人が屈んでくぐれるくらいの木枠)をこさえて、その門から毎年8/7に霊魂を迎える。 防波堤は岩を敷き詰めて作ったもので、盆の間は魂の通り道になるから、生きた人は近づいちゃいけないことになってる。 8/8から8....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ:風習 心霊

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。