本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

池に棲む怪物

俺自身この事件(事故?)を全部知ってるわけじゃなくて、肝心の所を知らない。 もし俺より知ってる人がいたら、逆に教えてほしい。 あの時一体何があったのか。 今から14年程前、夜な夜なバイクで峠に走りに行ってたんよ。 場所は大阪と奈良の境にあるH道路ってとこ。 そこで知り合った人に起こった話なんだけど。 知り合いって言っても「ああ、あのCBRに乗ってる人か」ってぐらいの知り合いで、あんまり話したこともなければ名前も知らない。 当時はそんな知り合いがいっぱいいたよ....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ:怪物 大阪

海の家

昭和50年代後半、俺が小学2年になったばかりの頃、うちの親父が友人の借金の保証人になって友人が飛んだから、我が家は家も土地も全て奪われ一家全員宿無しになってしまった。 父は高速道路建設で7月から8月の2ヶ月間、出稼ぎのような状態。 母と姉(当時小6)と俺(当時小2)の3人は、7月から8月いっぱい、親戚から紹介された町営の海の家の住み込み従業員生活。 海の家といっても、浜は小さく、建物も昔は漁師小屋(番屋)だったところ。 朝は8時に開けて、夕方5時に閉店。 更衣室と水....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ:心霊

りゅうちゃん

私は所謂『見える人』だ。 といっても『見える』『会話する』ぐらいで、他に特別な事が出来るわけではない。 例えば、分かり易く事故現場にボケっと突っ立つ、どことなく色の薄い青年。 私と目が合うと照れくさそうに目を逸らす。 20余年こんな自分と付き合っていて、生きている人間と同じくらいの“何か”に引き留められている色の薄い(元)人を見てきたが、彼らがこちらに害を加えようとした事はほとんど無い。 ある人は何かを考えこんでいるような。 またある人は虚空を睨むように、その場に....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。