本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

山で出会った子供と爺さん

20歳ちょっとだったか、まだ実家でぷーたろーやってた時。 ウチは物凄い田舎で、家のすぐ傍が森とか山みたいな所だったのよ。 そんで何もやる事ないし、家にいたら親がグチグチうるせぇから、そういう場所をうろついてた。 その時期何かもう何もやる気なくて、どーでもいーやーって感じで、山道登りながら自分の事を考えてたら、いつの間にかいつも歩いてる山道から逸れて、道無き森を彷徨ってた。 今のオレなら絶対取り乱してたけど、その時は別に死んでもいいやって気分。 しばらくふらふ....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ:

山から来る

実家の山のお話です。 うちの実家はものすごい山の奥で、家から出て20Mも歩いたら山の入り口なんです。 小さい頃から危ないから山には入るなって言われてたけど、気になる。やっぱり気になる。 それも、笹がアーチみたいに入り口形作ってるし、もうそれ見るだけで冒険の始まり。 でもめっちゃヘタレなんで、爺ちゃんとか婆ちゃんが一緒じゃないと山には入らないようにしてました。 マムシとかも出てたしね。 これは山の中であったことじゃないんだけど、山から下りてきただろう何かの話....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ:怪物

えんこう

これは古い私の身内の話です。 区別するためのHN入れときます。 私の亡くなった祖母から聞いた話だが、高知の大野見村で起こった事件です。 大野見村ってのは、四万十川の源流に近い所で、山と川しかないような寒村です。 うちの祖母が子供の頃、身内にY一って男の子が誕生したんですが、初めての跡継ぎでみんなに可愛がられて、いつも誰かがお守りをしている状態だったと聞きました。 今年の様に猛暑のある夏の日、山の麓の家にY一の母親(祖母の叔母)とY一(当時2歳前)が、農作業を....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ:怪物 高知

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。