本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

小屋の中の穴

俺の祖父の体験談を一つ。 当時祖父が住んでいたのは、お約束っちゃーお約束だけど、へんぴな山麓の農村だった。 住んでる人が少ない上に、その村から外に出る事も無いから、村一つで1個の大きな家族みたいな感じだったんだな。 そこで当時小学生だった祖父は、肝試しとか鬼ごっことかして育っていった。 そんなある日、祖父の親友(以下『甲』とする)の家に新しく弟か妹ができるみたいな話を、その甲から聞いたらしい。 祖父も喜んで、また『家族』が増えると心の底から祝ってやった。....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ:集落 田舎 風習

古い木箱

父から聞いた漁村の話です。 戦争中、紀元二千六百年記念行事の際に、漁村の神社を新しくするという事業が行われたそうです。 そのために、神社の宝物殿のものを他の場所に移す作業が必要になりました。 たくさんの人間がそれに関わるというのは、なにかと都合が悪い(盗まれたりする)というので、村の若者(当時は子沢山だった)のなかから三名の二十歳まえの男が選ばれたそうです。 そのうちの一人から父が聞いた話なのですが、宝物を移動させるのですが、それほど多くなく、1つ、古い木箱(....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村
タグ: 集落

長い豚の肉

15年くらい前に爺ちゃんから聞いた話。(うろ覚え) 爺ちゃんは日中戦争でシナに配属されてたんだけど、太平洋戦争が始まって南方に派遣されたらしい。 その時の南方の島(オセアニア周辺か?)での話。 爺ちゃん達の支隊が島を調査していると、現地民の集落を発見。 おそるおそるピジン・イングリッシュで話しかけてみると、通じたので一安心。 現地民は好意的で、お祭りを開いて歓迎をしてくれると言う。 日本軍は南方では漁を教えたり、畑を作ったりしていたので、原住民から歓待を受....
全文を読む
にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。