本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

補陀落渡海

タグ: 和歌山 風習
南海の最果てに常世の国を求めて……補陀落渡海(ふだらくとかい)

微妙にスレチだが、ニライカナイつながりで取り上げておきたい。
奇習……というと、当時の人の切実な願いを愚弄することになるので、オドロオドロしく語るつもりはない。
和歌山県那智勝浦に補陀洛山寺という天台宗の寺がある。
補陀落渡海の発祥の地とされた根本道場だ。
紀伊山地の霊場の1つとして世界遺産に登録されている。

補陀落渡海とは、南海のかなたには補陀落浄土(常世の国・あるいはニライカナイを指したのであろう)があるとされ、平安から江戸時代にかけて、この寺の代々の住職が生きながら船出し、往生する行のことを指した。
捨て身の行である即身仏に近い発想かもしれない。
南方にのぞむ海岸に、渡海船と呼ばれる小型の屋形船を浮かべて、住職や志願者である行者がたった1人で乗りこみ、そのまま沖に流すというのだ。
船には櫓、櫂などの動力装置はなく(せいぜい慰み程度の帆がかけられている。
それも「南無阿弥陀仏」と書かれており不気味だ)、出航したら最後、海流に乗って漂流するだけとなる。
しかもそれだけじゃない。
キャビンに閉じ込められたうえ、外に出られないよう戸板で釘を打ち付けられた状態で船出するのだ。
つまり棺桶船である。
その閉所の中で、住職や行者はえんえん念仏を唱え続けなければならない。
船内には1か月分の水と食料が備蓄されているが、そんなものは焼け石に水。
いずれ餓死するか、高波にでも襲われ転覆、海の藻屑と消えたことは想像に難くない。

寺の住職は60をすぎると渡海に行くよう風習化されていた。
もし、生に未練があって渡海しない者は、信者らに後ろ指をさされたという。
16世紀には渡海に出た金光坊という僧が、途中で屋形を破って逃げ出し付近の島に上陸したものの、すぐに捕らえられて海に投げ込まれ死亡した事件もあり、この風習は廃れていった。

今でも補陀洛山寺の境内には渡海船の原寸大の模型が展示されており、間近で見学できる。
4つの鳥居がキャビンを取り囲むようにしてついた屋形船は異様な佇まいを見せている。
http://achikochitazusaete.web.fc2.com/fudaraku/tokai.html

073 2011/05/11(水) 00:16:11 ID:gR.Xs8ZHCY
怖い島・いわくつきの村・総合

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

この記事へのコメント
    閉じこめられて海に流されるなんておそろしい話だ。
  1. 名無しさん
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436962799
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。