本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

溜池の声

タグ: 心霊 中国
子供の頃に爺ちゃんに聞いた話を一つ。

私の爺ちゃんは若い時に軍属として中国大陸を北へ南へと鉄砲とばらした速射砲を持って動きまわってました。
当時の行軍の話を聞くと、本当に辛かったとこぼしてました。
通常の鉄砲や弾や手りゅう弾の装備だけでもかなりの重さの上に小隊で手分けをしてばらした速射砲を一人一人が持たないといけなかったので、とにかくそれが重かったと。

そんな感じに一人当たり何十キロもの装備を持って、ろくな道も無い山の中の行軍で、しかも、水もそんなに飲まないで行軍していたので汗が乾いて白い塩が粉の様に顔に残っていたり……
そんな毎日でしたから何度も装備を放り出して逃げたくなったそうです。
ですが、そんな事をすると国の両親に迷惑がかかると考えすんでの所で思い留まる、そんな日常だったそうです。

ある日の行軍で、夜になって無人の村について、装備を下ろして落ち着いてから村の中に溜池があるのを見つけた爺ちゃんは、死ぬほどのどが乾いていたのでその池の水を躊躇なく飲もうとしました。
その時、闇の中から何か聞こえた気がしました。
爺ちゃんは水を飲もうとするのを止めそのまま身構えていましたがその後は何も聞こえませんでした。
そして改めて溜池の水を飲もうとするとまた何か聞こえました。
どうやら人、現地の言葉の様に聞こえたそうです。

爺ちゃんは溜池の水を飲むのを止め、上官にその事を報告しました。
少し隊内がざわつき、辺りを捜索しましたが、人は見つかりませんでした。

夜が明け、昨日の晩に水を飲もうとした溜池にいってみると爺ちゃんは愕然としました。
そこには何人もの水死体が浮いていたからです。

近隣でまだ人が残っている村があり、そこで爺ちゃん達の隊が一晩明かした村の事を聞いてみると、コレラの様な疫病がその村の中で発生し、その村は放棄された所だったそうです。
溜池の死体はどうやらその疫病で死んだ人ではないか、との事でした。
爺ちゃんが飲もうとした池の水は疫病に汚染されていたのです。

爺ちゃんは溜池の前で闇の中から声をかけられた事を思い出し、間に何人か人を挟んで(中国は言葉が場所場所で違うので)その言葉の意味を聞きました。
言葉の意味は「よせ、よせ」だったそうです。

305 本当にあった怖い名無し 2009/08/26(水) 15:40:42 ID:CetK0D8k0
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?225

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。