本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

えんこう

タグ: 怪物 高知
これは古い私の身内の話です。
区別するためのHN入れときます。

私の亡くなった祖母から聞いた話だが、高知の大野見村で起こった事件です。
大野見村ってのは、四万十川の源流に近い所で、山と川しかないような寒村です。

うちの祖母が子供の頃、身内にY一って男の子が誕生したんですが、初めての跡継ぎでみんなに可愛がられて、いつも誰かがお守りをしている状態だったと聞きました。
今年の様に猛暑のある夏の日、山の麓の家にY一の母親(祖母の叔母)とY一(当時2歳前)が、農作業を終えて昼寝をしていたのですがウトウトしてる間に、急にY一が居なくなったんです。
2歳前のヨチヨチ歩きの子供だし、遠くへ行ける訳はないし、今の様に自動車もあるわけじゃない時代だったので、先ずは家の中と近所をを探してみることにしたんだそうなw
当時はボットン便所なので落ちてないかとか、家の裏の水路に居ないかとか、家族中で探し回ったとのことです。
それで家中と近所を見回ったが、一向にY一は見つからなくて、とうとう村中で探す事になったんだ。
村(たぶん、その近所の集落)の人々が、朝夜問わずに鐘と松明を掲げて、「Y一よーいたら返事しろ」って探しまわたらしいけど、結局一週間ちかく探しても見つからないので、『神隠し』にあったんじゃないかと言うことで、捜索隊は解散されたとのことでした。
結局、見つからず。

捜索が打ち切られた後、Y一の両親は、食うためにしかたなく山にある猫の額ほどの畑に出かけたのでした。
畑で仕事をしているとお昼になったので、母親が食事の支度をするために、薬缶を持って沢に水を汲みに行ったのですが、水を汲んでいるその先の岩の間に、子供の足が天を突いて見えたそうです。
そこは家から3km以上も離れた場所で、2歳前の子供がとても一人で歩いて行けるような場所ではなく、ド田舎の為、他所から人が入ってきて子供を連れて行けるような場所でもありません。
母親がその足の所へ行って見てみると、確かにY一の着ていた着物で、Y一の死体だと理解できました。
警察や消防も初めて呼んで、死体検分を行ったことを祖母から聞きました。

警察や消防が、離れた町(津野町、新田(しんでん))から来て検分をした結果、不思議なことが多々あると言われたのです。
一つは、年端もいかない幼児がどうしてここまで来れたのか?
両親も疑われたようですが、潔白は証明されました。
もう一つは、死体の小さな穴なんです。
2歳の小さな子供の体に、皮膚に穴が沢山開いてて、一方から入って一方へ抜けてる感じだったようだと、祖母は言ってました。(祖母は死体も見たと言ってました)
蟹や虫が食ったにしても、こんな跡は警察も消防も見たことが無いと不思議がってた事件なのですが、結局、科学的な原因は究明されずに『溺死』ってことで片付けられたのですが、祖母は
「えんこうの仕業だよ」
とずっと言ってました。
Y一さんの墓は身内の為、墓参りに行くとちゃんと一族の墓の中に今でもあります。(名前もちゃんと入ってます)
全く、物の怪と言うか、山では不思議な事があるものです。

あんまり怖くない話かもしれませんが、実話なのでカキコしました。
つまらん話でスマソw
でも、今でも子供が川遊びに行くときに、鹿の角をお守り袋に入れて持たしてます。
この『えんこう』って名前は、『猿猴』と書いて、河童と天狗の間の妖怪と、高知県では伝えられていますが、マヂ居ると思います。
『いざなぎ流』でもちゃんと居るとされてますし、騙された話は高知県中に残っています。
祖母は、霊魂とか妖怪とか全く信じない人でしたが、この件に関してだけは「不思議な事もあるのよ」と肯定的でした。

375 えんこう 2013/07/20(土) 23:37:18.00 ID:4DW3x7eT0

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

この記事へのコメント
    えんこうを民話辞典で引いたら河童の項目に飛ばされるね
  1. 名無しさん
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。