本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

雛人形

タグ: 人形 呪術
さて、今年のお雛祭りも無事終わったし、数年前に起こった祟り騒ぎでも投下してみる。

事の始まりは雛祭りも近いある夜の事。
突然、近所に住む若い母親Aが訪ねてきた。
彼女は開口一番
「お雛様貸してください」
何でも、義母にお雛様(と娘)の写メを送れと言われたらしい。
冗談じゃない。
でも相手は玄関の中にいる。
“私”の雛人形を“他人”になんて貸し出せない。
他をあたってくれとかなり冷たくあしらった。
するとAは、たまたま玄関に飾ってあった古い雛を見て
「じゃあ、コレをちょうだい!」
さらに冗談じゃない。
そのお雛様は大正の逸品で、元持ち主さんに日参して礼を尽くして譲り受けた家宝だぞ!
「お宅のはどうしたんですか、娘さんもう3歳位ですよね?」
と聞き返したら、
「初節句の時に義母からお雛代をもらっていたけど、使い込んじゃって……結局ずるずる買ってなくて……だからお願いします、お人形集めててたくさん持ってるのなら、1セット位!」
その家は、旦那さんが海外赴任・義父母はかなり遠方、Aさん両親は既に他界。
要するに、監視の目が無いことをいい事に好き放題していたらしい。
で、それを察知したのか、今日になって急に義母が「どんな雛人形か見せろ」と言ってきたそうだ。
あまりの自己中にこっちも怒り心頭。
この母親、決して生活に困っているのではない。
むしろ、しょっちゅう近所に子供預けて遊び歩いている困った人。
やや乱暴に無理矢理玄関から押し出してお引取願った。

その翌日ぐらい。
これは別の母親Bから聞いた話。(騒動のかなり後になってBから聞いた)
Aは公園で、私がいかにケチクサい行かず後家かを愚痴っていたらしい。
最初は私への個人攻撃から始まって、話題はだんだんと雛人形非難へと流れていった。
古くてかび臭い人形なんてこっちからお断りとか、祟りそうで嫌とか。
なんだか、Aが雛人形の悪口を言い始めた頃から、公園には変な風が吹き始めたらしい。
風がわざわざA達の周りで回転してゆくような。

B以外にも数人のお母さんたちがいたらしいけど、皆何となく妙な空気を感じてそわそわしだした。
その時Aが
「あんなシミだらけの顔の雛人形、ブスすぎてウチのコには似あわないわ!」
と言い放った。
その瞬間、どこかで「キョンっ!」という大きな金属音がしたそうだ。
その場にいたA以外全員がその音を聞き、子供たちも(Aの娘も含む)驚いて各母親に抱きついた。
それで皆逃げるように帰宅。
状況が理解できていなかったAも、フラフラ帰っていったそうだ。

雛祭りも終わり、私の家もすっかりお雛様の片付けが終わったある日、事もあろうに高齢の尼さんが訪ねてきた。
これは誰だと目が点になっていたら、ものすごく丁寧に、
「Aの義祖母だが、孫が貴い方に大変な失礼をしたようなので、謝らせていただきたい」
というような事を言われた。
貴い? 私じゃないよな? と思いつつ、
「貴い方ってどなたの事ですか? まさかお雛様ですか?」
答えは案の定
「お雛様です」
片しちゃったから、出しなおすまでA宅で待っててくれと、とりあえずお引取願い、小一時間後にお雛様2対を出し(両方親王飾りでよかったw)A宅に向かった。
A宅には当然Aがいたんだけど…Aの顔ははれ上がり、赤い斑が浮かんでいた。
私を見て露骨に不機嫌そうな顔。
ビックリしていると、奥から顔を出しているA娘も似たような状況なのに気がついた。
A義祖母は何事も無いように奥の部屋から現われると、まだ固まっている私を促して私の家へ。
私の家で義祖母さんは、お雛様の前にとても高価そうな和菓子と白酒を供え、よくわからないお経を30分以上あげてから帰っていった。
(このセットは後から母と美味しく頂きました。
本当にものすごく美味しかったw)

後になってから知ったのは、A義祖母はいわゆる拝み屋さん。
遠方にA義父母と共に暮らしていたんだけど、
ある日突然「このままじゃひ孫まで取り殺される!」と叫んで駆けつけたそう。
翌年Aは旦那の帰国と共に旦那実家に引っ越していきましたけど……今頃どうしているのやら。

580 もしもし、わたし名無しよ 2008/03/06(木) 12:31:43

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

この記事へのコメント
    この人も人形に魅入られてるような気がする
  1. 名無しさん
    ミイラれてしまったとでも云うのだろうか...
  2. ミラーミャンさん
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414985520
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。