本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

百円札

三日前に六歳になる娘が、四枚のグシャグシャな百円札を右手に持って帰ってきた。
今時百円札を見るのに違和感を感じ、どこから拾ってきたか聞いた。
すると娘は、向かいに住んでいる同い年の女の子と近くの空き地で遊んでいたら、目の前の空気がぼやけたから、手を延ばしたら何かあって持ってきた、と言った。
その時、向かいの奥さんが家に挨拶に来られてこう言った。
家のMが百円札を持って来て、どうしたのって聞いたら、空気が変なとこがあったから、手をのばしたら紙があって取った、と言ったそうだ。
いまだに何だかわからない。
というか、その日以来気になって寝付けない。

百円札は板垣退助。
四枚の内三枚は少し古いもののようで、番号までは読み取りにくい。
残りの一枚は割ときれい。
番号は『VP726898E』。
場所は、福岡県福岡市西区姪浜の普通の小さな公園。
本当に普通の公園。
娘はよくその公園で遊んでいるそうだが、娘も初めての経験だったらしい。

>追記

娘のことで投稿したものだが、昨日最悪な事を思い出した。
書くか迷ったが、気になる人は続きを読んでくれ。

自分が娘ぐらいのときに、仲の良かった友達が行方不明になったことがあった。
その頃、俺は長崎県の五島列島という島に住んでいた。
友達二人で海で遊んだ帰りに変なものを見つけた。
そこには歪んだ空間があった。
しかし俺は夕飯が食いたかったから、そんなの気にせずに友達を置いて先に帰ってしまった。
その数日後、遊んでいた友達が行方不明だと知った。
その後すぐに引っ越してしまったから、その先の事は知らないが、娘の話を聞いたとき引っ掛かるものがあった。

これは遺伝なのか?
小さいときに俺のじいさんが言っていた。
「うちの家系は昔、神に仕える仕事をしていた」と。
娘が危ないと判断した俺は、すぐに娘に忠告した。歪んだ空間にはいくなと。
百円札も捨ててしまった。気になった人はすまない。
俺はまだ娘を失いたくない。

最後に場所を詳しく書いておく。
地下鉄に乗り、姪浜の次の駅にシモヤマトという駅がある。
そこで降りて、線路沿いに姪浜駅と逆方向に歩く。
すると団地が見えてくる。
そこの近くに公園がある。

472 本当にあった怖い名無し 2006/04/14(金) 04:12:14 ID:RvJrnFoFO

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

この記事へのコメント
    場所詳しすぎだろw
  1. 名無しさん
    お金を捨てるんは犯罪なんやで
  2. 名無しさん
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414516903
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。