本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

九死霊門

具体的に書くと荒れてしまいそうなので伏せさせていただきますが、某スレに投稿された恐怖体験を読んでいてショックを受け、書かせていただくことにしました。
このスレと某スレの両方をご覧になっている方なら、もしかしたらピンとくる方もいらっしゃるかもしれませんが、決して荒らすつもりで書いているわけではないので、どのスレとか具体的に書くことはできません。
また、某スレに書かれたと思われる地域は、厳密にはこれから私が書く地域とは違うようなのですが、イニシャルから判断すると、『隣接する県』になります。
もしかしたら、旅行者なので県を間違われたのかなぁと思ったのですが、描写からすると、どうも私の書く地域を指しているように思われました。
この物語は言い伝えをベースにしたお話ですが、一部表現などについては、場所の特定を避ける記述を入れてあります。

私の実家がある地域は山が多く、沢山の特徴があるのですが、野生のクマが生息していることでも有名な地域です。
春から秋にかけては、都会から温泉や観光の目的で多くの客が訪れます。
ここら辺の集落では、昔から山菜取りなど山に入って生計を立ててきた人も多く、その中でもクマとの遭遇というのが、最も怖い現実的な話として伝えられています。
しかし、そのクマと双璧を成す怖い話がもう一つあるのです。
山へ入る場合、通常はクマを避けるためにクマ避けの鈴を身につけます。
そのクマ避けとして昔から、鈴を身につける以外にやってはいけない、と言うのが、我々の集落で言い伝えとして残っているのです。
詳細な方法についてはなぜか明言が避けられてきたものの、私も幼いころから、鈴を使う以外の方法でクマ避けをしては決してならない、と教え込まれてきました。

下手をすると、開いてはならない『霊門』を開けてしまう事がある、というのがその理由です。
その霊門は、『九死霊門(きゅうしりょうもん)』と呼ばれているのですが、一説によると、『急死霊門』と書いて『きゅうしれいもん』と読む場合もあるようです。
この霊門の先には、冥界へと繋がる巨大な霊道がぽっかりと口を開けており、付近を通るありとあらゆる生命体の魂を、ブラックホールさながらに引きずりこんでしまう、という恐ろしい言い伝えがあります。
その霊門が一度開いてしまうと、人の力では決して閉じることが出来ず、次に閉じられるのがいつになるのかは、全く不明とのことです。
ただ、ある一定数以上の魂を引きずり込んだ後なのか、それともある一定期間を過ぎた後なのかははっきりしていないものの、何もしなくても、いつの間にか閉じてしまうと伝えられています。

その霊門ですが、1人以上の人間の魂を生贄に開門するとされており、開門される条件として、はっきり分かっているものがいくつか伝えられています。
1、夕方から翌朝方までの、薄暗い時間帯から完全な闇までの時間帯であること。
2、1人ないしは2人という、少人数だけで入山していること。
3、ある特定のリズムで何らかの音を立てること。
4、開門の直前まで意識が保たれていること。
この他にも条件があるのかもしれませんが、私が覚えている範囲ではこんなところです。

実際にこの霊門が開いたという文献は殆ど残っていないのですが、はるか昔に、多くの悲劇を生みだしたということが言い伝えで残っています。
また、仮にすべての条件を満たして霊門が開いてしまったとしても、昼間などの明るい時間帯には、特に問題が発生しないようです。
つまり、薄暗くなるとぽっかりと霊道が口を開け、明るくなるとその霊道が一時的に道を閉ざすというのです。

九死霊門の名前の由来ですが、8人の死霊と一人の門番によってこじ開けられる霊門だから、という説があります。
入山した人間が、少なくとも上記の条件をすべて満たした状態で、何らかのリズムで音を鳴らした時に、それに呼応する形で、その人間を取り囲む8方向から順に、何らかの返事が返って来るといいます。
最初は遠巻きに聞こえていたその返事が、次第に輪を狭めていき、最終的には、その返事の正体が見えるか否かというところまで近づいたときに、開門した霊道の内側(おもに地面や、山の斜面等)から不意を突いて、最後の死霊(門番)が襲いかかってきて、その人物を霊道に引き込んだことをもって、霊門が開かれるというのです。

正直、幽霊を見たことがなかった自分は、あまりその手の話を信じていませんでした。
ところが最近、その内容に非常に似通った内容の書き込みが某スレに投稿されたので、びっくりして書こうと思いました。
その内容によると、一般的に誰もがやってしまいそうな単純な方法で、霊道が開いてしまうようです。
そして、その書き込みでは軽く触れられていたのですが、開門の直前くらいのタイミングでたまたま気絶して助け出されたため、霊門が開かなかったのかなという雰囲気が読みとれました。
我々の言い伝えとして残っている話でも、最後の最後で何らかの理由により気を失った人は、その霊門に引きずり込まれなかった、という話が出てくるのです。

万が一、その九死霊門が開かれていたとしたら、それ以降に知らずに入山した多くの人が、犠牲になったのではないかと思うと、凄く怖くなりました。

535 とある門について 2009/06/27(土) 00:15:49 ID:cM0Xx4wM0

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

この記事へのコメント
    九死霊で和歌山に近い場所ってあって、巨木ではN県って書いてる。
    で、野生の熊が出て、森の巨人の100選にあるってことは、奈良県かなぁ。
    奈良県で唯一100選に選ばれてるのは持経千年桧(ヒノキ)だから、樹齢1000年以上って石碑があっても不思議じゃなさそう、と具体的な場所を書くと荒れるかもと書いてるのに勘ぐってみる。
  1. 名無しさん
    天狗倒しか。奈良は天狗とゆかりが深いしな。
    天狗とおたふくが衆人の前で子作りするおんだ祭って奇祭が有名。
  2. 名無しさん
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371010719
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。