本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

**クラブ

一昨日、道玄坂のマンヘルに行った時の話。
あそこらへんはラブホテルが密集してるところで、物凄く物騒なんだよね。
で、マンションの何号室だったか案内されて、チャイム押すと女の子が待ってた。
酔っぱらってて最初は気付かなかったんだけど、一緒に風呂入ってるときに気付いてこっちは飛びあがる程びっくりした。
その風俗嬢の左顔の皮膚が焼けただれてて、左目の眼球がなかった。
俺の怯えてすくみあがってる様子を見ながら女の子はにこって微笑んだんだよ。
俺はもう逃げたそうと思ったんだけどその子が飛び付いてきて離さない。

実はSMクラブだったんだけど、俺はソフトMで鞭とか使わず、アナルにバイブ入られたり言葉責めされたりするのが好きなタイプ。
でも店員は間違えたらしく、俺に極Sコースを用意したんだ。
で出てきた子がこれ。
俺はこの子をぎゅっと抱き締めて、ここで何されてたかおじさんに言ってごらん? とやさしく問い掛けてみた。
その子はかわいそうに口もまともにきけなくなってたよ。
体にもひどい外傷があったし。
で、その子は、あぐあぐ口を上下に動かして涎たらしながら俺にいろいろと事情を説明してくれた。
どうやら俺がまともな人間だと思ったらしく態度が急変した。
目から大粒の涙を流し、哀願するように小さな手を合わせて事情を説明しだした。
俺は全裸のまま狭苦しいシャワー室で棒立ちになってた。
なんでもこのヘルス、いやSMクラブは暴力団が経営してて、極Sの男どもを対象とした秘密クラブらしい。
もちろん警察は知るよしもなく、ここに出入りする客はみななんらかの極度の性的嗜好を持つサディスティックな人間で、この店のルールとして女の子は殺さなければなんでもしていいらしい。
あともう一つのルールはこの店の存在やプレーの内容を口外すると、その客の命の保障はないということ。

この子は両親がいなく、学校でもいじめられて、まさに社会に必要ない豚の様な立場にあると感じ、渋谷で援交をやっていた。
んで、その時にスカウトされた。
この店で娘は何度も暴行を受けていて、またライターで目と皮膚を焼かれた。
鬼畜どもはその苦しむ様子を見ながらオナニーしたり、挿入したりする。
この子以外にもこのマンション(10階立て)には幾つもそうゆう部屋があり、何人も自分と同じ境遇の子が監禁されているらしい。
俺は聞いてる内に心臓がばくばくなってきて、急いでここに監視カメラはないか調べた。
もはや一刻も許されない状況にあると感じた。
俺は店員に渡されたカードを思いだした。
マンションに入る際、カードを管理人に見せて自分の名簿まで書き記していた(もちろん仮名だが)。
俺はこの娘と一緒に外に出て、非常階段から降りてマンション一階のロビーの裏側の通路を通った。
そこからなら地上に出れる。
あとは塀の上を飛び越えればなんとか逃げられると思った。
塀は3メートル以上あったが、先に娘を肩車して外に出してやれば、自力でどうにかなるだろう。
しかしその時、辺りの静寂を打ち破る奇声が鳴り響いた。
それは金属音に似た甲高いおたけびだった。
俺はびくっとして振り返った。

後を振り向くとあの娘が歯をむき出しながら俺に向かって奇声を発していた。
俺は恐怖ですくみ上がり、塀の上を必死にもがきながら飛びこえ、その場から全速力で走って逃げた。
何度も躓きながらもなんとか駅のホームまで辿り着くことができた。
これは本当に一昨日あったことなんだ。
実は今高熱で寝込んでいる。
さっき計ったら9度以上あった。
体がとても熱い。
目を閉じても、あの左目の焼けただれたあの娘の顔が俺をじっと見つめている。
なんで俺はあの時助けてあげれなかったんだと思うと、首を釣りたくなります。

308 本当にあった怖い名無し 04/09/04 16:11 ID:BVZcnFzh

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。