本ブログは引っ越しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kaiitan.com/

隣がうるさい

タグ: 心霊 東京 ホテル
とある用事で上京した時に、そのままストレートに帰るのもつまらんから、適当な所で一晩明かして、次の日に適当に買い物でもして帰ろうと思いつき、そこらにあったホテルへチェックイン。
部屋に向かい、荷物をそこらに放かして就寝する事に。

……だが、隣が五月蝿い。五月蝿すぎる。
壁をドンドン叩くような音から子供の泣き声。
挙句、生木を捻じるような音や喘ぎ声みたいなものまで聞こえてくる始末。
流石にこんなんじゃ寝れないぞって事でフロントに向かい、そこにいた従業員に
「隣が五月蝿いので注意してくれ」
と頼んだ。
すると従業員は一旦奥に引っ込み(電話でもしてたんだろうか?)、しばらくすると戻ってきて「直接話しておきますから」との返事。
これでなんとかなるかととりあえず安心して、こっちも部屋に戻る事に。

だが部屋に戻って10分もしない内に、部屋のドアを誰かが激しくノックした。
最初、隣の奴が腹立てて乗り込んできたか? と思い、それなりに注意してドア開けると、そこにいたのはさっきの従業員。
そしてこっちがなにか言う前に、
「お客様! この部屋から別の部屋に変わってください! お願いします!」
と大慌てで告げてきて、こっちの次の句を挟む間もなく勢いに押されて上の階の端部屋に変更させられた。
なんなんだよオイとは思ったものの、騒音から開放されたのもまた事実だし、正直、昼間夕方と散々動き回ったので眠い。
故にグダグダ考えずに、その日は寝る事にした。

次の朝、チェックアウトの時間が迫ったので、荷物を纏めてフロントに。
そして支払いの際に
「昨日のあれはなんだったんだ?」
と聞くと、支払いを受け付けてた従業員が奥の部屋に引っ込んで、しばらくするとなんか偉そうな人を引き連れて戻ってきた。
その偉そうな人が言うには、
「昨日の件は本当に申し訳なかった。こちらの手違いだった。その代わりに宿泊料は無料でいい」
との事。
それじゃ正直納得できないんで、「どういう事か?」と何回か聞き直すも、向こうも手を変え品を変え「手違いだった」を繰り返すだけなので、結局はこっちが折れて、宿泊代無料でそのホテルを後にする事にした。

あの時はとりあえず東京で遊ぶの優先だわと思ってたから、色々と深く突っ込まなかったけど、今考えれば色々と訳の分からん不気味な話ではあった。

692 :本当にあった怖い名無し :2008/04/13(日) 19:24:35 ID:NrDSNcWQ0 より

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

都会にまつわる怪異の関連記事
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/350154073
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。